このエントリーをはてなブックマークに追加

10月

4

"Animal-AI Olympics" ミートアップ #2 アイディアブラッシュアップ編

Organizing : WBAI × Couger

Registration info

Description

アイキャッチ Image Credit:Squidoodle

アンケートはこちら https://forms.gle/MLqfo1pVGNPoPrqw9

"Animal-AI Olympics" ミートアップ #2 アイディアブラッシュアップ編

お申込みはこちら

次なるAI革命は、一体どんな未来を実現しているでしょうか。

発展著しい”AI開発”とも相まって、技術者のみならず様々な産業が「AI技術による産業アップデート」を実現しようと弾みがつく今日。AIの次なる可能性を追求するべく、動物の知能の再現を目指すAnimal-AI Olympics(AAO)を題材にしたミートアップ(#2)を開催します。

好評に終わったキックオフミートアップ#1に続き、今回はAAOの主催者であるDr. Matthew Crosby氏の基調講演から、新しいアイディア発見のためのパネルディスカッションなど、内容盛りだくさんです。

なお、中間報告会では、AAOのエントリーチームのうち、イベント当日ご来場いただける上位3チーム(当日正午時点)に対して、中間奨励賞を授与いたします(副賞もつける予定です)! AAOにエントリー済みのチームは、ぜひこちらのミートアップにもご参加ください(参加登録時にその旨明記お願いします)!

奮ってご応募ください。

本ミートアップの対象者

  • AGIの実現に関する議論をしたい方
  • AAOのアイディアをブラッシュアップしたい方
  • AAOに一緒にチャレンジする仲間を探したい方

※AAOミートアップ#1に参加されていない方でも大歓迎です!

前提知識とそのレベル

強化学習について基本的な知識があるとよいです。

キックオフミートアップ詳細

  • 日 時:2019年10月4日(金) 19:00~22:00
  • 会 場:BINARYSTAR @東京都中央区銀座1-8−19 キラリトギンザ11F
  • 最寄駅:〈東京メトロ〉「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩1分、「京橋駅」2番出口より徒歩2分、「銀座駅」A13番出口より徒歩5分。〈JR〉「有楽町駅」京橋口より徒歩5分
  • 応 募:Googleフォーム
  • 申込期間:〜9月30日(月)抽選制となります。抽選結果は、 抽選通過の方に限り 10月1日(火)にご連絡いたします。
  • 参加費:無料
  • 主 催:WBAI × Couger
  • 共 催:NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ
  • 共 催:クーガー株式会社

スケジュール

時間 内容 講演者
19:00 オープニング挨拶 石井 敦(クーガー 株式会社CEO)
19:25 キーノート Dr. Matthew Crosby(Imperial College London Leverhulme CFI Postdoctoral Researcher, Organising Committee of AAO)
19:45 中間報告会
20:00 表彰式
20:05 AAO参加にあたっての課題について 矢野目 佳太(デジタルハリウッド大学院)、橋本 祥(筑波大学 情報学群情報メディア創成学類)、山田 潤(University College London)
20:25 WBA賞を狙う上でのポイント 山川 宏(全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表)
20:40 パネルディスカッション 中村 政義 (Preferred Networks, Inc. エンジニア) 吉田 尚人(GROOVE X リサーチエンジニア) 矢野目 佳太(デジタルハリウッド大学院) 橋本 祥(筑波大学 情報学群情報メディア創成学類) 山田 潤(University College London) モデレーター:山川 宏(全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表)
21:10 質疑応答
21:25 メンバー追加募集もしくは、スカウト募集の告知タイム
21:30 懇親会
22:00 終了

スピーカープロフィール

石井 敦 Atsushi Ishii | クーガー株式会社 CEO

IBMを経て、楽天やインフォシークの大規模検索エンジン開発、日米韓を横断したオンラインゲーム開発プロジェクトの統括、Amazon Robotics Challenge参加チームへの技術支援や共同開発、ホンダへのAIラーニングシミュレーター提供、「NEDO次世代AIプロジェクト」でのクラウドロボティクス開発統括などを務める。2017年に開始したブロックチェーン技術コミュニティ「Blockchain EXE」の代表を務め、世界10都市以上でイベントを開催。現在、「AIxARxブロックチェーン」によるテクノロジー「Connectome(コネクトーム)」の開発を進めている。2018年、スタンフォード大学にて特別講義を実施。電気通信大学 客員研究員。

中村 政義 Masayoshi Nakamura | Preferred Networks, Inc.

Web企業にて新規サービス開発やデータ分析などを経験。その後ドワンゴ人工知能研究所にて強化学習のツール等の開発、ドワンゴ事業部にて人工生命サービスをリリース。現在はPreferred Networksエンジニア。

吉田 尚人 Naoto Yoshida | GROOVE X

LOVOTにおける行動・基盤ソフトウェアをアニメータ・他エンジニアとともに開発 2016年 GROOVE Xに所属し家庭用ロボット “LOVOT” の開発に携わる(意思決定・ふるまいの設計制作・研究開発) 2019年 米家電見本市CES2019 にて LOVOT が the Verge Awards の Best Robot 受賞 2019年 一般環境下での学習エージェントに関する論文発表に対して全脳アーキテクチャ技術功労賞受賞

矢野目 佳太 Keita Yanome | デジタルハリウッド大学院

デジタルハリウッド大学院修士2年。現在はSE4リサーチャーとしてUnsupervised Dense Image Correspondenceの研究を行なっている。また筑波大学の落合准教授の指導のもと, University College LondonとRoyal Holloway University, 筑波大学と共同で「Animal AI Olympics」に取り組んでいる。

山田 潤 Jun Yamada | University College London

University College London修士1年。

橋本 祥 Akira Hashimoto | 筑波大学

筑波大学情報学群情報メディア創成学類学部3年。

山川 宏 Hiroshi Yamakawa | NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表

1987年3月東京理科大学理学部卒業。1992年東京大学で神経回路による強化学習モデル研究で工学博士取得。同年(株)富士通研究所入社後、概念獲得、認知アーキテクチャ、教育ゲーム、将棋プロジェクト等の研究に従事。脳のアーキテクチャを参照して汎用人工知能を構築することを目指している。

当イベントはデベロッパー向けのイベントとなりますので、リクルーターの方の参加はお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。

リンク

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

naoya_arakawa_39

naoya_arakawa_39 published "Animal-AI Olympics" ミートアップ #2 アイディアブラッシュアップ編.

09/13/2019 18:06

"Animal-AI Olympics" ミートアップ #2 アイディアブラッシュアップ編 を公開しました!

Group

全脳アーキテクチャ勉強会

脳全体のアーキテクチャに学び人間のような汎用人工知能を創る(工学)

Number of events 9

Members 844

Ended

2019/10/04(Fri)

19:00
22:00

Registration Period
2019/09/13(Fri) 18:06 〜
2019/10/04(Fri) 22:00

Location

BINARYSTAR

東京都中央区銀座1-8−19 キラリトギンザ11F